iphoneの故障を防ごう~トラブルが起こる前に予防しよう~

案内

カバーで衝撃をカット

スマートフォンケース

iphone6を破損させてしまわないためにケースを端末に入れて保管する人も少なくありません。ケースにiphoneを保管することで、落下した時などに画面が割れないことも少なくありません。iphone6をケースに入れず、そのまま落としてしまったとすると画面が割れてしまうので気をつけておきましょう。ただ、ケースに入れれば必ずしも割れないとは限りません。あくまでも衝撃に強いケースでないと、割れてしまうこともあります。衝撃に強いケースに使われている素材の一つとして、シリコンです。シリコン製のiphoneカバーは多数登場していますが、その特徴の一つとして、衝撃を受けてもその素材がそれを受け止めてくれるという点があります。また、TPU素材という素材も衝撃に強い素材で、それらを使ったiphone6のケースに人気が集まっています。

どのようなケースでもいいという考え方では、iphone6の破損に備えることはできません。よりiphoneが割れないようにカバーしてくれるケースを選ぶことが大切です。そのようなケースの一つが、バンパー付きのケースです。iphone6を落としてしまうと衝撃が画面に伝わり、それが破損となってしまいます。ただ、バンパーがつくことによりiphoneを落とした時に、画面と地面の間にバンパーがあることで、衝撃が画面に伝わるのを防ぐことができるのです。このため、バンパー付きのケースは割れにくいといわれています。ただ、ケースをつけていても割れてしまったという時もあるでしょう。